お花を長く楽しむ方法。

夏のお花、ヒマワリ。明るく爽やかなオレンジを、ぜひドサッと飾りたいですよね。しかもせっかくなので、少しでも長く楽しみたい!そのための方法をこっそりとお伝えします!ぜひ参考にしてみてください!

 

・茎の硬いものを選びましょう。

夏場、お水についている部分というのは傷みやすいです。茎が硬く、しっかりしていることがポイントです。やわらかくなっている部分があれば、カットしましょう。

 

・お水は少なめに。

まず清潔な器に清潔なお水。基本です。ヒマワリの場合(ほかのお花も夏場の場合)お水は少なめにしましょう。お水についている部分が傷みやすいからです。器に合わせた長さにカットしたら、5センチくらい茎がお水につくように水量を調節してください。

 

・茎を軽く洗う。

ヒマワリは茎に細かい毛がついています。それらがお水を汚しやすくするので、お水につくあたりの茎を軽く水で擦りながら洗います。

 

・こまめな水替え&延命剤

とにかく清潔な器・お水・茎を心がけてください。器は洗剤で洗い、茎もヌルヌルしていたら洗ってください。柔らかくなってしまっているようなら、その部分はカットします。徐々に短くなりますので、長さに合った器に入れ替えてあげましょう。延命剤はお水が傷まない成分が入っていますので、この時期は効果的です。お水に希釈する容量は正確に。多くても、少なくても効果を発揮できません。

 

・ゆとりある花器

ぎゅうぎゅうづめはNGです。ある程度余裕のある器を使い、それに合った長さにカットするのが長くキレイに飾るポイントです。

 

 

わかりづらい所や、質問があれば ぜひお問合せ下さい!